接触検出ソフトカバー・ロボットの安全な外装のご提案

YaWaRaKaロボDのご紹介【特許取得】

  • HOME »
  • YaWaRaKaロボDのご紹介【特許取得】

接触検出ソフトカバー=YaWaRaKaロボD(ヤワラカ・ロボディ)

「ヤワラカ・ロボディ」は人とロボットや機械が共存・協働する場面などで、接触や衝突などをした時に、その接触を検知・処理しながら表面のソフトカバーによって痛みの軽減ができる日本で初めての技術です。

ユニバーサルロボットUR5に初搭載!!

接触・はさみ込み・・・いろいろと試みてみました。ソフトカバーで痛みを軽減。小さい力で驚くほどに止まる!!
外観も意匠性が高く、優しい色合いで親和性も向上。

ゆっくりな動き/早い動きも検出可能


小さい力でも接触を検知できる!ISO/TS 15066をクリア※自社調べ

ISO/TS 15066に記載されている1.4cm×1.4cm(外周2R)の平面にYaWaRaKaロボDを取り付けて、アクチュエーターにて物体へ衝突させ、YaWaRaKaロボDの接触検知機能にて緊急停止の実験を行っている。その結果、数十ニュートン(N)にて停止を確認。

接触検出機能(センシング)YaWaRaKaロボD ※特許取得

無限解像度の接触検出を実現しています

・ISO/TS 15066の生体力学的限界値より小さい力で安全停止

・どこを押しても検出できる無限解像度を実現

・動画は500㎜×250㎜×80㎜のサンプルで広範囲を1個の素子(センサ)で接触検出しています

・専用設計のお試し制御基盤とセットでご提供

【お試し試作基盤・仕様】

・制御基盤は入力電圧DC12V/24V対応

・出力信号はTTL(5V)・ドライブ電源(入力電圧と同じ)・オープンコレクタをご用意

・出力の論理反転可能

・ロボットやAGV、介護ロボットなど機器に合わせて感度調整可能

【特徴】

・クッション性・意匠性が良い

・三次元形状でも可能

・接触検知はシンプルな構造で量産性が良い

・他のセンシング技術よりコストパフォーマンスに優れている

接触検出機能付きソフトカバーの搭載例!

知の拠点あいち重点研究プロジェクトPR2研究リーダーである、豊橋技術科学大学の三枝亮氏により、研究ロボット『ルチア』へ接触検出機能の付いたソフトカバー「YaWaRaKaロボD」を搭載して頂きました。

人や物に接触した時に一時停止します。また、外観も親近感のあるピンクをベースにして可愛い仕上がりとなっています。

※『ルチア』は、知の拠点あいち重点研究プロジェクト(Ⅱ期)で採択された「介護医療コンシェルジュロボットの研究開発」のロボットで、介護施設職員の負担軽減と施設利用者の生活の質(QOL)の向上を目指しています。

IMG_8251 IMG_8248 File_000

NHK「東海モノ語り」にて放送されました

どんな外観なのかな?

IMG_5791 (1)

・試作品はあと塗装により、マット感のある表面です。光沢を出すことも可能です。

・カラーバリエーションが豊富。※日本塗料工業会の色見本に対応しています。

試作対応はできるのかな?

切削

・試作対応は樹脂製の簡易型を作成して、一個から対応可能

・簡易型でも、ある程度は少量生産は可能

量産にも対応できるのかな?

・アルミ金型を作成して量産に対応可能

・意匠性も良く、表面にシボが付けれます

テスト機の貸出を開始!

170623_HP用接触検出機能付きカバー(YaWaRaKaロボD)

 

接触検出装置付きのソフトカバーを試作依頼して頂く前に、接触の反応や試作費用などへのご心配も有るかと思いますので、まずは無償にてレンタルさせて頂きます. ご検討して頂く機器などへ、仮に取り付けて頂き、接触検出装置がどのような反応をするのかを、体感して下さい。

 

 

btn_rental

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社三重ロボット外装技術研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.