衝撃吸収接触センサーの測定方法、標準化へ

生活支援ロボットや産業ロボットなど色々な人と共存するロボットに適応可能な衝撃吸収接触センサーの試験方法の国内標準化に向けた取り組みを本格化します。 三重県産業支援センターと国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)のサポートにより経済産業省の「新市場創造型標準化制度」を4月28日付けにて採択を受け、2021年度の標準認定を目指します。標準化により人と共存するロボットの安全性向上や普及拡大につなげます。

経済産業省のプレスページ→こちらへ

日本規格協会のプレス資料→こちらへ