接触検出ソフトカバー・ロボットの安全な外装のご提案

会社概要

  • HOME »
  • 会社概要

経営理念

弊社がご提供させて頂きます、接触検出機能付きソフトカバー「YaWaRaKaロボD」は世界初の特許技術であり、人と共存・協働するロボットやAGV(無人搬送台車)、また介護ロボットなど様ざまな機器へご利用頂けます。
「YaWaRaKaロボD」は、人とロボットなどが物理的に衝突した時、クッション素材で痛みを軽減すると同時に、センシング機能により協働ロボットやAGV、また介護ロボットなどを停止することが出来る、人に優しいアイテムです。
私達はこのアイテムを、これから進歩していく人と共存するロボット社会において、安全性や親和性の飛躍的向上を実現出来るように、知財を皆様に広くご提供させて頂きながらロボットの普及へ貢献させて頂きます。

会社概要

会社名 株式会社三重ロボット外装技術研究所 所在地マップ
GoogleMapで見る
代表者 森大介
資本金 1000万円
創業 昭和41(1966)年4月
従業員数 4名
取引銀行 百五銀行 富田駅前支店

第三銀行 富田支店

桑名信用金庫 羽津支店

所在地 〒512-1205

三重県四日市市平尾町2370番地15

【アクセス】

近鉄名古屋駅より近鉄特急30分

「近鉄四日市駅」乗換 湯の山線「桜駅」下車

※北出口にお降り下さい。

駅までお迎えに参ります。

TEL (059)325-3237
FAX (059)326-9575

沿革

昭和41(1966)年 4月 三重県四日市市富田にて宇佐美木型を創業鋳造用木型の製造・販売を始める。
昭和50(1975)年 三重木型製作所へ改名
昭和62(1987)年 5月 法人化し有限会社三重木型製作所と改組代表取締役に宇佐美邦夫が就任
平成元(1989)年 発泡樹脂加工の製造・販売を始める。
平成4(1992)年 11月 三重県四日市市大字羽津乙に工場を移転
平成13(2001)年 8月 ファナック株式会社社製 ファナックロボドリルを1台導入Euklid AG社 3次元CAD/CAMを導入し運用を開始する。
平成14(2002)年 5月 ファナック株式会社社製 ファナックロボドリルを1台導入迅速な対応に備える。
平成16(2004)年 2月 高精度CNC導入の為社屋を増築ダッソー製CATIA V5導入 運用を開始する。
平成17(2005)年 3月 ファナック株式会社社製 高速万能AI CNCドリルを1台導入
平成19(2007)年 検査治具の設計・製造・販売を始める。
平成21(2009)年 4月 森大介が代表取締役に就任、本社を三重県四日市市大字羽津乙に移転
平成22(2010)年 7月 ファロージャパン株式会社製アーム型3次元測定幾を1台導入
平成23(2011)年 4月 株式会社 三重木型製作所に改組
平成24(2012)年 3月 三重県四日市市平尾町に本社・工場を移転、ファナック株式会社社製 高速万能AI CNCドリルを 1台導入
平成25(2013)年 2月 多品種少量向け総合型工程管理システム「TOD」を導入作業の見える化を始める
平成26(2014)年 4月 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業に係る補助金の採択を受ける
平成26(2014)年 5月 発泡合成樹脂成型体及びその製造方法の特許登録、経営革新計画の承認を受ける
平成26(2014)年 7月 小規模事業者持続化補助金の採択を受ける旭科学㈱製熱風循環式精密恒温槽を導入
平成26(2014)年 8月 開発商品「YaWaRaKaロボD」誕生
平成27(2015)年 2月 「地域資源活用事業計画」に認定
平成27(2015)年 4月 発泡合成樹脂成型体及びその製造方法の二本目の特許登録
平成28(2016) 年 2月 ファナック株式会社製 高速万能AI CNCドリルを2台導入
平成28(2016)年 7月 接触検出装置で特許登録
平成29(2017)年 2月 接触検出装置の二つ目の特許登録
平成29(2017)年 9月 株式会社三重ロボット外装技術研究所に社名変更
平成30(2018)年 4月 接触検出装置で三つ目の特許登録

 

お気軽にお問合せ下さい TEL 059-325-3237 受付時間8:00~17:00(土日除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社三重ロボット外装技術研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.